fc2ブログ

報道ステーションで安楽死の特集が・・・



昨晩、報道ステーションで安楽死の特集が・・・

思わず 見入ってしました。。。。


安楽死を決めたドイツに住む、末期の肝臓がんを患う女性を取材。



女性は既に 全身に癌が転移して 治療方法が無い状態

色々と考えた結果   安楽死の道を選ぼうと決めた。



インタビュー中、咳が止まらず 苦しそうな受け答えで

自身の死を自分で決めることがとても重要」と話しておりました

ドイツで安楽死は認められていないため、スイスに本部を置く安楽死を手助けする団体に連絡したという。

スイスでは安楽死を合法化しており 多くの外国人も受け入れている。

安楽死を 選択する多くの人は 難病を抱えてる方 認知症を発症した方など







また、フランス在住の男性は

認知症が発症後

自身、親が認知症に苦しみ 数年後 自分自身が誰か わからなくなり

衰弱して亡くなった親を見て


自分が認知症になったら 安楽死、尊厳死を決断しようと決めていたと言う


最後の日 家族がいる前で、

医師が処方した致死量の薬がはいった

シロップを飲んで、 眠るように最後の時を迎えておりました。。。







この特集を 見た時は なぜ 自ら命をたつのか 理解出来ませんでしたが

番組を見ているうちに  自分の逝く時を 自分自身で決断するという事も

とても 大切な権利かもしれないのでは・・・



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment