FC2ブログ

バックル オーダーメイド 富士山フェザーの製作の続き その1




昨日の、バックル オーダーメイド 富士山フェザー製作の続きです、、、



デザイン画、サイズ、厚み、材質をご確認いただき!

いざ!製作開始です。。。





先ずは、バックルのベースとなる銀板(シルバー925)を用意、、、


バックルの型紙を取り バックル原型にカットしていきます!


シルバーバックルの淵の部分は叩きのような凹凸があるので


この様に、叩きと、糸鋸を使いエッジ部分を再現します、、、


その部分がこちらになります↓↓↓


オーダーバックル 富士山 シルバーベルト


こちらがバックルの裏側になります。

この状態でバックルのセンターをマーキングする過程が

とても大事になります!!!





オーダーバックル 富士山 シルバー




バックルのエッジ部分を加工して

表面はあらした雰囲気で叩き込んだ状態がこちらです



オーダーバックル シルバーベルト フェザー 


今回のバックルの長さは約140㎜の長さになりますので、、、

このままフラットなバックルでは物になりません!



バックルにアールをつけていきます♪




こちらが自作の切り株に アールを彫り込んだ台座になり!

アールをつけるアール打棒で徐々にアールをつけていきます♪



ここで注意しなくてはいけないのが

キッチリアールをつける事です!!!


そうでないと ゆがみなどがでてしまうので

知人に特注で製作して頂いたバックル用、打棒で少しづつ

アールをつけていきます (^_^)




オーダーバックル シルバーベルト 富士山


オーダーバックル シルバーベルト フェザー 富士山


オーダーバックル シルバーベルト フェザー ご注文




厚みが4㎜以上のバックルですと正確にアールをつけるにも

神経を使います!!!



シルバーバックルのベースが完成したら

フェザーと富士山の部分をバックルにロウ付けしていきます~



バックルにロウ付けするフェザーがこちらです、、、


こちらのフェザーも、もちろん型紙(銀板)から製作したフェザーになります!


オーダーバックル フェザー ベルト



このフェザーをバックルにロウ付けしていくのですが・・・


当然!バックルの形状はアールがついているので

フェザーも同じ角度のアールをつけなくてはなりません!


しかし、フェザーの形状は立体的に製作してあるので

表からガンガン叩いて同じアールをつけることが出来ないので



少しずつアールの角度を合わせていきます(^_^;)



オーダーベルト 富士山




そして、富士山の山頂部分とフェザーロウ付けした

加工後がこちらになります↓↓↓



オーダーベルト 富士山バックル 


バックルとフェザーの接地面部分には


不純物が見えますが これはロウ付けする時に銀ロウを流しやすくするための

不純物なので 希硫酸などにつけこみますと綺麗に取れますのでご安心下さい。




この、フラックスを希硫酸で綺麗に取り除かないと


数日後に、ロウ付け部分が青く変色してしまいます、、、


この、フラックス除去も意外と大切な作業です


希硫酸と磁気バレル器があれば問題ないです、はい!



後は、富士山のすその部分をロウ付けすれば

表面は完成です。




またまた、長くなってしまったので続きは後日ご紹介させえて頂きますm(__)m


次回で、完成になります!








オーダーメイド シルバーアクト 受付





レザー&シルバーアクト

メールアドレス  info@act-jp.net

ホームページ    http://www.act-jp.net/

お問合せ電話 03-3688-3982
ご注文の有無にかかわらずお気軽にお問合せ下さい。 

(有料広告、セールス等のご連絡はご遠慮下さい)




レザー&シルバーアクトではオーダーメイドでのご注文も可能でございます。


(デザインは簡単な手書きの様なものでも、HPから近いデザインの画像を
添付して頂いても構いません。)


FAXは24時間受け付けております。その際、ご連絡先をお忘れなく!!
TEL 又 はeメールアドレスでお願い致します。

メールに参考画像を添付する場合は

件名に、オーダー参考画像添付とご記入下さい。



辰吉リング販売




レザー&シルバーアクト オーダー ご注文受け付け
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment